シャンプーと弱酸性の関係を学ぶ

弱酸性である理由とは

「肌には弱酸性が良い」そう語られる理由はどこにあるのでしょうか。
逆を問えば、アルカリ性では駄目なのか? 実に気になる部分です。
通常、私たち人間の肌は弱酸性の性質を持っています。ですので、市販されている大半のスキンケア用品は、肌のバランスを自然体に保てるように弱酸性に作られているのです。

 

私たちの肌には、肉眼では見えない常在菌と呼ばれる細菌がおり、この菌が肌質を守り、しいては美肌に結び付ける力を持っていると考えられています。
肌にとっては、この常在菌たちの繁殖バランスがとれている状態が好ましく、仮に毛穴汚れが酷くなり過ぎてしまうと、汚れを好むアクネ菌(常在菌の一種)が増えてしまい、ニキビや肌の炎症を起こすような状態を作り上げてしまうのです。

 

このように、肌にとっての自然体(健康)とは、弱酸性を保持していることです。
そこへアルカリ性の石鹸やシャンプーを使用してしまうと、当然、肌のバランスは崩れ、人によってはピリピリとした刺激を感じるような事態になります。
同様にこれは、酸性が強すぎる場合も同じです。
特に皮膚の弱い方であれば、尚のこと肌のバランスを弱酸性に保たなければなりません。

 

アルカリ性は完全悪にはならない?

人間には様々な体質があり、肌ひとつをとっても同じように、体質や生活習慣などによって差が出てくるものです。
例えば、弱酸性の肌にアルカリ性の石鹸やシャンプーを使用した場合、肌の表面では中和作用が起こり、その後、元の弱酸性の状態へと戻す作用が働きます。
そして、この中和作用に肌を鍛える力があると考えられているのです。
つまり、人によってはアルカリ性の石鹸やシャンプーを用いることで、逆に肌の状態を向上させることもできるのです。
但し、これはあくまでも個人差がある話です。
そもそもの中和作用が起こりにくい体質の方であれば、間違いなく肌を傷める要素の方が強く働いてしまいます。※ご注意下さい。

 

 

弱酸性シャンプーの選び方

一般に市販されているシャンプーの中でも、石鹸系のシャンプーはアルカリ性の力を持っています。
すなわち、石鹸系のシャンプーを使用していると、頭皮の肌バランスを崩してしまう可能性がでてきます。
また市販品の大半を占めているのが、高級アルコール系のシャンプーです。
こうした高級アルコール系のシャンプーは、弱酸性の性質をもっており、パッケージの表面にも『地肌に優しい』とか『頭皮を守る』といったフレーズが書かれている場合があります。

 

しかし、高級アルコール系のシャンプーでは、弱酸性であったとしても、洗浄力が強い分、頭皮に大切な皮脂量を根こそぎ洗い流してしまいます。
たとえ弱酸性であったとしても、これでは頭皮にとって良い影響はなく、結果として、頭皮に必要な保湿作用まで取り除かれることになってしまい、乾燥肌を招く原因となってしまいます。

 

このように、シャンプーに於ける理想的なバランスは、弱酸性でありながらも、適度な洗浄力を保有しているアミノ酸シャンプーであることが分かります。
アミノ酸シャンプーであれば、頭皮に必要な保湿機能を残しつつ、髪の毛や頭皮の汚れを洗い流すことができるのです。