洗髪後の注意点を学ぶ

見落としがちなポイント

普段から育毛を目的とした頭皮ケアをおこなっている人は、正しい洗髪の方法や、洗髪後の頭皮マッサージなど、育毛に良いとされることを積極的に取り入れているはずです。
しかし、そういった方の中でも、意外に見落とされがちなポイントが、洗髪後のタオルドライです。
タオルドライとは、文字通りタオルを用いて髪の毛を乾かすことを意味しています。
「なんだ、タオルを使うのは誰でも当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、実はこのタオルの使い方ひとつで、髪の毛は簡単に傷んでしまうのです。
ちなみに、タオルを使って髪の毛に付着した水分をゴシゴシと拭き取っているような方法は、典型的な誤りです。
髪の毛は1本1本が固く、丈夫に作られているように見えたとしても、実際はとても繊細に作られています。
特に水分を含んだ髪の毛を擦り合せるような真似をしていると、髪の表面に形成されているキューティクルは、簡単に傷ついてしまうのです。
キューティクルはとてもデリケートな性質を持っているので、髪の毛に含まれる水分量が多過ぎたり、キューティクル自体が傷つけられてしまうと、髪の内部から栄養素が抜け落ちてしまい、パサつきや枝毛を作り出してしまうのです。

 

正しいタオルドライの方法

方法としては、柔らかいタオル生地を使って、洗髪後の髪の毛を優しく包むようにして水分を吸収させます。また毛先などの部分は、タオルで軽く挟み込み、上下を優しく抑えながら水分を抜き取るのです。
普段からゴシゴシ擦っているような方にとっては、大変手間のかかる作業に思われがちですが、これがプロのヘアメイクともなれば、吸水率の良いキッチンペーパーを使用するこだわりを持つほどなので、いかに水分を抜き取る作業が重要かを理解してもらえるはずです。
そして水分を拭き取った後のドライヤーにも注意して下さい。
髪の毛を形成するタンパク質は、熱に弱い性質を持っているので、ドライヤーは可能な限り、手短に済ませるように心掛けて下さい。勿論、ドライヤーを肌に近づけて熱いと思うような距離で髪の毛を乾かすのは厳禁です。
このドライヤーの作業を短くするためにも、事前のタオルドライが重要になってくるのです。
日々せっかくの頭皮ケアをおこなっていても、雑なタオルドライをしているせいで髪の毛を傷めてしまっては本末転倒です。
洗髪の方法や頭皮のマッサージ同様に、髪の毛自体にも、適切なタオルドライを用いるように心掛けましょう。