シャンプーと肌トラブルを学ぶ

シャンプーの落とし穴

綺麗に洗髪をしているはずなのに、頭皮に痒みを覚えたり、髪の毛に妙なベタつき感を覚えてしまうような方は、現在使用しているシャンプーの買い替えを検討してみましょう。
市販品として売られている多くのシャンプーは、高級アルコール系であることから、洗浄力が高く作られています。また近年の傾向からいえば、良い泡立ちが見えるシャンプーほど、髪の毛や頭皮汚れを綺麗に洗い流すもの、という認識が擦り込まれており、結果として、洗浄力が強くなければ売れなくなるといった事情もあります。
たしかに洗浄力の強いシャンプーであれば、洗い終わりの感触もすっきりとしたものになり、頭皮のベタつき感もなく、良いシャンプーである、といった印象も深くなります。
しかし、こうした洗浄力の強いシャンプーは、実のところ、頭皮に与える刺激が強いため、実際には頭皮を傷めてしまう要素を持っているのです。

 

痒みやフケの原因

高級アルコール系のシャンプーを常用している方で、日常的な痒みを頭皮に感じられる方の多くは、頭皮の乾燥が原因となっている場合が大半です。
高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強い分、髪の毛の保湿効果を担っている皮脂まで洗い流してしまいます。すると、頭皮は必要な水分を確保することができなくなり、乾燥してしまうのです。
乾燥した頭皮は痒みだけでなく、同時に、多くのフケを発生させる原因ともなりますし、より深刻化した場合、頭皮の脂性を招く危険性もあるのです。
こうした症状は、日常の食生活や生活習慣の変化なども影響してくる部分ですが、シャンプーの買い替えをきっかけに、こうした症状が出てきたのであれば、それは自分に合っていないシャンプーだと判断するべきです。
勿論、せっかく買ったシャンプーなのだからと言って、最後まで使い切ってしまう方もいるでしょう。しかし、こうしたシャンプーは、長く使えば使うほど頭皮を痛め続けてしまうので、症状は悪化する一方です。
自分に合っていないと判断した場合は、すぐに別なシャンプーへ切り替える判断が重要なのです。

 

肌ニキビの原因

シャンプーの買い替えを機に、首や背中の周辺にニキビができるようになってしまった方は、シリコン入りのシャンプーが原因と考えられます。
シャンプーには洗髪中の爽快感(洗浄効果)と共に、洗い終わりに感じる質感が求められるものです。そしてこの質感を得るために、シリコンは欠かせない存在です。
しかし、このシリコンが髪の毛以外の部分に付着してしまうと、毛穴を塞ぎ、汗や老廃物の逃げ場をなくしてしまうのです。当然シリコンは肉眼で捉えることはできません。
しかし、シャンプーやトリートメントを洗い流している最中に、首や肩周りがヌルヌルするような感触を得ることがあると思います。
この状態こそが、シリコンが肌に付着していることを表しているので、そのままの状態で水分だけを拭き取ってしまうと、肌ニキビや炎症などのトラブルを引き起こすのです。