従来品(市販品)の特徴

洗浄力に目を奪われてはいけない

現在、市販されている多くのシャンプーは高級アルコール系に属しています。
高級アルコール系シャンプーの宣伝文句といえば、高い洗浄力(泡立ち)や低価格などでしょう。
高級アルコール系でありながらも、実際の価格は低く抑えられているのですから、考えようによっては、日常の使い勝手に優れているようでもあります。

 

しかし、価格の云々は別にしても、私たちの頭の中に『洗浄力が高いほど良いシャンプーである』という認識が擦り込まれてしまっている現実は、危惧すべきであると考えられます。

 

これは先にも述べた特性ですが、高級アルコール系のシャンプーがもつ洗浄力は大変強く、場合によっては、肌への影響を懸念せざるを得ない状況にもなります。
尚且つ、この洗浄力と肌への影響は、メリット、デメリットの関係性ではなく、どちらもデメリットであることが言えるのです。

 

石油系の意味

こうした高級アルコール系シャンプーの特性には、石油を主成分にした界面活性剤の存在が深くかかわっています。
通常、石油系の界面活性剤から作られる洗浄剤は、工業系に使用されているケースがほとんどです。
工業系であればこそ、指先にこびりついた頑固な油汚れなどを取り除く強い洗浄性が求められるのも、当然の必要性であるといえます。

 

ですが、工業系で使用されるほどの強い洗浄力が、果たして人間の頭皮にまで必要なのかいえば、答えは必然的に「NO」となります。
そもそもが、人間の髪の毛に付着する汚れが、工業系の汚れとイコールになるようなことはないのです。
シャンプーに求められる洗浄力とは、髪の毛に付着した汚れを落とし、さらには頭皮の健康を維持させる程度の力です。
それさえ備わっていれば、無理に泡立つような強さは必要ありません。
ましてや髪の毛を泡立たせることが、頭皮の健康に害を及ぼすようなことに繋がってしまうのであれば、そのシャンプー自体が、肌トラブルの根源であると言い換えることもできるでしょう。

 

高級アルコール系の見極め方

私たちの頭皮にとって、必要以上の強い洗浄力は肌トラブルを招く要因であることは分かりました。
では実際に、こうした高級アルコール系のシャンプーを見分けるのには、どうすれば良いのでしょうか。
ドラッグストアなどでシャンプーを購入する場合、大半の方は、シャンプーのボトルに記載されている正面の表示と、値段を確認するはずです。
勿論、長年同じシャンプーを使用している方であれば、値段だけの確認で済ませてしまうケースもあるでしょう。
見極めのポイントは、裏面の成分表です。
パッケージ(ボトル)の裏面には、そのシャンプーにどんな成分が入っているかを示している成分欄が必ず記されています。
そこに「ラウリル酸」と「ラウレス酸」、もしくは「〇〇硫酸」と書かれた表記がある場合、そのシャンプーは高級アルコール系であると言えますので、その部分をしっかりとチェックするようにして下さい。