MENU

ノンシリコンシャンプーの「シリコン」って一体なに?

近年、市販されている大半のシャンプーやトリートメントには
シリコンが含有されるようになりました。

 

ではこの『シリコン』とは、いったい何のことなのでしょうか?

 

シリコンとは

シリコンとは、主に工業系の用途として、様々な製品に姿をかえています。

 

シリコンの特性であるスベスベした質感を連想するのに、
1番イメージしやすいものは自動車用のワックスでしょう。

 

シリコンとは、付着した表面を艶やかにさせ、スベスベとした感触を作り出します。
車のボディにワックスをかけた後は、まさにそんな状態を作り出していると言えるでしょう。
この車のボディと同じ状態を、髪の毛の表面に作り出しているのがシリコンなのです。

 

シリコンの働き

一般に市販されているシリコン入りのシャンプーやトリートメントの効果としては、
傷んだ髪の毛の補修や、保護効果が挙げられます。

 

髪の毛の傷みとは、表面のささくれだった部分から栄養素や
水分が抜け落ちることが原因となりますが、シリコンが髪の毛の表面に吸着することによって、
傷んだ髪の毛の隙間を埋める役割を果たすのです。

 

こうしてシリコンが髪の毛の表面をコーティングすることにより、
髪の毛は色艶やかな光沢感を増し、さらには指通りの良い、
サラサラとした感触を作り出すのです。

 

またシリコンは、静電気を防ぐ性質を持っているため、冬場のように、
静電気が髪の毛に纏わりつくような時期には効果的といえます。

 

シリコンの弊害

シリコンが髪に付着することで、髪の毛には良い作用ばかりがあるように思えますが、
実際は、そう都合の良いものばかりではありません。

 

シリコンは髪の毛だけに付着するものではなく、
当然、頭皮などにも多く付着しています。

 

これが日々の洗髪によって頭皮へ付着し続けると、
最終的には、毛穴を塞いでしまうケースがあるのです。

 

シリコンによって塞がれた毛穴は、呼吸することはおろか、
必要な水分を補うことができなくなってしまいます。

 

さらには、毛穴に残ったままの皮脂が原因で、
頭皮が炎症を起こしたり、痒みを覚えるような状態になってしまうのです。

 

シリコンとは、あくまでも髪の毛に対してプラスの作用を起こす成分であり、
頭皮や肌にとってのメリットはないのです。

 

ノンシリコンシャンプーの利点

アミノ酸シャンプーに代表されるように、
シリコンを含まないシャンプーは、頭皮に与える悪影響がありません。

 

また、シリコンの役割が髪の毛の補修や保護であることに対し、
アミノ酸シャンプーは、髪の毛の受けた痛みを根本から改善させることを目的としています。

 

従って、いくらシリコン入りのシャンプーやトリートメントを使ったところで、
髪本来の傷みは改善されませんが、アミノ酸シャンプーを使用していれば、
こうした悩みを解消させることができるのです。

 

ノンシリコンでありながら、それでいて髪の毛に必要な栄養素をたっぷり蓄えた
アミノ酸シャンプーだからこそ、良質な髪の毛を作り出すことができるのです。

 

『素肌美人』という表現がありますが、まさしく髪の毛も、
化粧(シリコン)によって美しくみせるのか、
アミノ酸シャンプーによって髪質(素肌)を美しくさせるのか、本質を見極める必要があるといえます。