シャンプーの種類

シャンプーの分類ポイント

ドラッグストアなどに行くと、様々な種類のシャンプーが陳列されていることを見ることができます。
こうした多くの選択肢の中で、皆さんは何を基準にシャンプーを選んでいるのでしょうか。
値段、ブランド力、パッケージ(ボトル)から受ける印象など、購入に至るまでの決め手は人それぞれですが、
果たして、実際にシャンプーの効果・効能を理解した上で購入している人は、どれほどいるのでしょう。

 

シャンプーをより深く知るためのポイントは、界面活性剤です。
さらにシャンプーを生成する上で、界面活性剤の存在は、必要不可欠なものといえます。
シャンプーの成分は、大きく分けると、水と油に分類することができます。
水と油、本来であれば絶対に混ざり合う性質のない両者を結び付けるものが、この界面活性剤というわけです。
そしてこの界面活性剤の原料に何を使用しているかによって、シャンプーの特性は大きく変わってくるのです。

 

高級アルコール系

高級と名のつく以上、余程の高価な成分が入っているような期待感がありますが、実際のところ、この『高級』とは、品質の等級を表すようなものではありません。
ここで言うところの高級アルコールとは、石油系であることの証です。

 

高級アルコール系シャンプーの特徴は、石油の特性を活かした洗浄力に優れていることです。
一般に、泡立ちが良いとされているシャンプーの大半は、この石油系のシャンプーです。
但し、洗浄力に優れる反面、石油系のシャンプーは肌への影響が懸念されています。
とりわけアトピーなどの皮膚病を患っている方であれば、使用を制限されるケースもあります。

 

石鹸系

石鹸系のシャンプーは、天然成分を主として作られているので肌に優しいことが特徴です。
無添加や自然派商品など、オーガニック系を謳っている場合もあります。
但し、肌に優しい分、高級アルコール系に比べると、洗浄力の面では劣ってしまいます。

 

アミノ酸系

アミノ酸系のシャンプーとは、シャンプーの生成に必要な界面活性剤に、アミノ酸(タンパク質)を使用しているものを指します。
アミノ酸は弱酸性の性質を持っているため、肌に優しく、適度な洗浄力を兼ね備えていることが特徴です。

 

シャンプーの特性を理解する

高級アルコール系のシャンプーは、洗浄力を売りにしているので、頭皮に付着した皮脂汚れを綺麗に洗い流すことができます。
これは、石鹸系やアミノ酸系には無い特性ですが、この皮脂汚れを綺麗に取り除くことが、必ずしも良い方向へ向かうとは限りません。

 

事実、頭皮には必要とされる皮脂量があり、その全てを取り除いてしまうことは、頭皮の健康上、プラスであるとは言えないのです。
皮脂には、毛穴から抜け出る水分を抑える役割があり、これによって頭皮の乾燥を防いでいます。
つまりシャンプーには、必要最小限の皮脂汚れを残しておく程度の洗浄力が好ましいのです。

 

しかし、石鹸系のシャンプーでは、肌への影響が少ない利点がある分、洗浄力が抑えられています。
こうした頭皮へのバランスを考慮すると、アミノ酸系のシャンプーは、髪の毛に必要な栄養を保有しつつ、且つ弱酸性であることからも、肌に優しく、使い勝手に優れていることが分かります。
さらには、アミノ酸系のシャンプーが持つ適度な洗浄力は、頭皮に最低限の皮脂量を確保することができるのです。